教育論

 

以下は以前、自民党の機関紙「自由民主」に載りました、私の教育に対する考えでございます。お時間のある方は是非、一度目をお通しくださいませ。

 

教育大国実現に向けての挑戦

—人間作り、やる気、元気、勇気を貫く—

教育の荒廃が叫ばれる今日の日本の中にあって、教育のあるべき根本に立ち返り、一人一人を大切に、個性を重んじ、真心のある立派な人材の育成には情熱ある指導者が重要です。

教育は魂の伝達であり、感動の触れ合いがなければなりません。現代の子供達の教育、とりわけ学校教育の在り方と、社会教育の重要性と家庭教育のこの三本柱が、フィフティー・フィフティーでなければなりません。学校教育で知識を、社会教育で知恵を、家庭教育でしつけを、とこの三本柱の充実が急務です。

国を興し世を清め社会に役立つ人間を育成するには、いつの時代でも情熱のある指導者の育成が大切です。優秀な人材育成は国家の存亡にも関わります。

教育の根本法である教育基本法も改正され、信頼される学校教育の確立や、家庭の教育力の回復、学校・家庭地域社会の連携や協力の推進、公共に主体的に参画する意識や態度の涵養、日本の伝統文化の尊重、郷土国を愛する心を持てる国際社会の一員としての意識の涵養、生涯学習社会の実現を目指し、教育振興の策定をつくり、重要と考えられる理念を取り入れて、実現に向けていきます。

教育再生三法を成立させ、学校教育法は地方教育行政の組織及び運営に関する法、教育職員免許法及び教育公務員特例法を改正し、教育再生には欠かすことのできない内容となりました。

学校教育は教員の資質能力によることが大きく、教員の信頼を高め、教育水準の向上を図ることが必要です。

子供の生きる力を育む具体的手立てとして、教育内容の改善を行い、学力の重要な要素である基礎的、基本的な知識・技術の習得、思考力、判断力、表現力の育成、学習意欲の向上を図るために、授業時数    を増やし、言語活動や理数教育を充実させる基本的なものをつくりました。この実現には指導体制の確立をし、教育条件の整備、教科書や指導方法の改善、入学者選抜の改善を総合的の展開していくこと、また、地球環境を考えるとき、環境教育をカリキュラムの中に入れ、東日本大震災などの危機管理や環境教育を学習指導要領の中にきちんと定め、新規科目を設定して、国が体系的に教えていくようにします。

食糧とエネルギーと人材育成、環境立国、科学技術創造立国であることはとても重要です。さらには、観光立国、教育大国に向けて挑戦していきます。

明日を担う有為な人材の育成は、国の誇りです。国の将来未来であります。二十一世紀に立ち向かっていく逞しい人材、類のない真の国際人育成に挑戦していきます。いつの世も人材育成は重要です。日本の将来は人間づくりにかかっています。世界に向けて挑戦していきましょう。

平成24年7月30日

前衆議院議員 井脇 ノブ子

カテゴリー: 私の思うこと   パーマリンク

コメントは受け付けていません。